R's profile '13年12月更新
名前 山岸 諒子 Yamagishi Ryoko
誕生日 1963年5月16日
血液型 A型
美徳と思われる特徴 物欲がない
欠点と思われる特徴 数え切れない
得意かもしれない技 Jazz vokal/ピアノ /人の話を聞く
不得意な技 買い物 運動
ついやってしまうこと 肥満
ぜひやってみたいこと 痩身
※コメント
完璧なるインドア派
…反省してま〜す
好きなもの 朗らかな笑い声
嫌いなもの 怒鳴り声
好きな花 薔薇 カトレア 桜
好きな俳優 ハリソン・フォード  ジェームズ・コバーン  伊勢谷友介
好きな女優 カトリーヌ・ドヌーブ  メリル・ストリープ/モニカ・ベルッチ/松坂慶子
好きな男性のタイプ 笑顔抜群で茶目っ気があって包容力にあふれた人
欲しいとウレシイもの 薔薇の香りの石鹸orボディーソープ
欲しい人 心の師
ひとさまのお役に立つ豊かなサロンをつくりたいな〜
渇望しているもの 知性 真の美しさ
理想の世界 愛とエロスに満ち溢れた知的な世界




R's step
1983年 2月   劇団離風霊船(リブレセン)入団
2002年 7月   個人ユニットRoseGarden 立上げ
2008年 3月   シンガーRYOKOとして鎌倉ミルクホールにてステージデビュー
〜とりあえず2001年からの舞台暦〜
2015年 5月   離風霊船大阪・名古屋公演 作・演出 大橋泰彦 『夜が明けたとしても…』   ※ブティックしまざき 島崎睦子
4月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『夜が明けたとしても…』   ※ブティックしまざき 島崎睦子
2014年 11月   離風霊船本公演 作・演出 伊東由美子『ずんどこ』   ※貴婦人
4月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『運命なんてぶっとばせ!』   ※湯之神温泉 女将
1月   グループ虎+現代制作舎公演
   『横浜メリケン夜の宿 M・ゴーリキィーどん底』 客演   ※ハナ (クワシニャー)


  演出/高橋征男 共演/菅野菜保之 松熊信義 鈴木豊(無名塾) 鷲巣照織 根本和史 林真之介 鶴忠博
                稲葉能敬(桟敷童子) 久保田芳之 水野あや 樋口泰子(無名塾) 世理 斎藤睦
                岩永ゆい 杉本茜 陣内咲子 真一涼 西間木清香 / 丹古母鬼馬二 三田村周三
2013年 1月   レクラム舎公演  『それはさておき恋はくせもの』 客演   ※隣の妻 好子

  作/小松幹生(新作) 演出/喜一郎 共演/勝俣美秋 三谷六九 坂田純子 根本和史 和田広記
                            長本枇呂士 石川亜希 光永勝典 鈴木一功 松坂わかこ
2012年 11月   離風霊船30周年記念 秋公演 作・演出 大橋泰彦/伊東由美子 『30 〜THIRTY』   ※結婚式場主任 環 淑枝
4月   離風霊船30周年記念 春公演第二弾 作・演出 大橋泰彦 『SUBJECTION』   ※リブレセン劇団員 水野
  離風霊船30周年記念 春公演第一弾 作・演出 大橋泰彦 『閉ざされて』   ※春奈の母
1月   離風霊船名古屋公演 作・演出 大橋泰彦 『STATION』   ※駅長の妻
2011年 11月   離風霊船本公演 作・演出 伊東由美子 『ある日の出来事』   ※事務員植田 ・ 小学生うえぶー
5月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『STATION』   ※駅長の妻
2010年 12月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『空にはあのひこうき雲』   ※女優 秋園志津子
9月   RYOKO ライブ 赤坂・橋の下
4月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『さて、何が世界を終わらせるのか』   ※田中家の母
1月   演劇集団 楽天団 『ウーマンズ・アイズ』 助演出 
2009年 12月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『コーポ桜木101号室』  ※借金地獄の女 橘
4月   離風霊船本公演 作・演出 伊東由美子 『ヘンシン』   ※藤原家の嫁
2008年 12月   RYOKO 鎌倉・ミルクホール
11月   RYOKO 赤坂・橋の下
10月   離風霊船横浜テント公演 芸術祭参加作品 横浜フリンジフェスティバル参加作品   ※芸者 おりょう
  作・演出 大橋泰彦 『黒船だぁ!』
8月   RYOKO 赤坂・橋の下 鎌倉・ミルクホール
7月   RYOKO 赤坂・橋の下
6月   RYOKO 赤坂・橋の下 鎌倉・ミルクホール
5月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『IRDX−F』   ※電脳家族 母
3月   RYOKO 鎌倉・ミルクホール
2007年 12月   RoseGarden第三回公演 演出・知念正文 『貴方と嘘と夜と音楽』   ※歌姫 奈々子

  共演/池田ヒトシ 石坂史朗 磯見藩 才勝誠司 宮川浩明 佐藤祐治
      松井裕子 那珂村タカコ 木村望子  柳一至 佐々木恭助 多田聡 高木裕平
11月
  離風霊船秋公演 作・大橋泰彦 演出・伊東由美子 『どいつもこいつも』   ※愛人 森嶋
4月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『光あれ!』   ※お局OL 畑山
2006年 11月
  離風霊船・椿組 2作品コラボレーション公演 (作・演出 伊東由美子『Long Long Time Ago』)

  作・伊東由美子 『流れ去るものはすべて流れて』 月組演出
8月   演劇集団 楽天団 新進翻訳家トライアル・リーディングVol.2公演   ※母 アン
  『エクスタシー』 客演 


  演出/和田喜夫 共演/佐藤勇太 四條久美子 前薗幸子 annie 木村有
  (共上演 『夜、壁、二人の男』  演出/西沢栄治 出演/宮島健 池田火斗志)
6月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『クロスゼロ』   ※真理子の母
2005年 11月
〜12月
  離風霊船全国公演 作・演出 大橋泰彦 『赤い鳥逃げた…2005』   ※川上家の母
4月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『閉ざされて』   ※母
3月   RoseGarden第二回公演 演出・知念正文 『甘い生活』   ※長女 雪子

  共演/二階堂智 磯見藩 児玉俊介 ジョニー 永松寛隆 林泰弘
      那珂村タカコ 木村望子 九里美保 保谷果菜子 松井裕子 今泉由香 
2004年 12月   ミノタケプラン公演 『リボンの岸。』 客演   ※フロアマネージャー 岸 依子

  演出/二階堂智 共演/たむらもとこ 佐久間哲 中田千登勢 ジョニー 
                 津川祝子 石山大 廣瀬麻衣 今泉由香 平原桃恵
10月   離風霊船秋公演 作・演出 伊東由美子 『お母さんの選択』   ※お母さん
10月   離風霊船 高校芸術鑑賞会浜松連続公演 作・演出 大橋泰彦 『ゴジラ』   ※ピグモン
8月   WHATCOLOR公演 『RENSA』 演出

  出演/古泊明敏 前田昌巳 神戸誠司 小野重樹 平野明徳 松本恭典 小野沢信
      原万紀子 弓納持京子
6月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『渚家にて』   ※母(長野夕子)
2003年 9月   離風霊船秋公演 作・演出 伊東由美子 『黄金の国2003』   ※妖術師 卑弥呼
5月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『ニューパラダイスタウン』   ※主婦 えり
2002年 7月   RoseGarden旗揚げ公演 演出・伊東由美子 『かわいい幽霊』   ※主婦・繭子/女優・リリ子

  共演/古泊明敏 伊藤洋一 鈴木みや 小泉麻寸彦
4月   離風霊船20周年記念公演 作・演出 大橋泰彦 『SUBJECTION2002』   ※劇団スパイラル ‘母’佐藤
1月   kuku81+現代制作舎 紀伊国屋ホール公演 『元禄影錦絵』 客演   ※女中頭 おさい

  演出/久世龍之介 共演/伊藤順 蔵一彦 白神直子 木村望子 小泉麻寸彦  河合美佳 李峰仙
                  中村歩 小笠原大 富越博史 兼子益美 樋口史諸里 尾崎恵 前島のの 
2001年 11月   離風霊船本公演 作・演出 大橋泰彦 『オリジナル』   ※トロいOL トモミ



このサイトは、RoseGarden旗揚げ公演『かわいい幽霊』の上演に合わせて、

2002年5月より開設いたしました。



RoseGardenは、

山岸が企画・制作・脚本執筆をするユニットです。

自分の中で、こういう舞台を演りたい、

という思いが熟成されたところで、台本を書き始め、

企画を進めて行こうという、贅沢な形を取らせて頂いているので、

なかなか定期的な公演活動にまでは至っておりません。(^^;

この1年で、たくさんのステキな方々とお近づきになれたので、

そろそろ第二弾を、と思ってはいるのですが。。。

(ちなみに、第一回公演『かわいい幽霊』は、構想から立ち上げまでに三年かかりました。たはは。)




ゆえにここでは、RoseGardenのみならず、

私のマザーカンパニーである、劇団離風霊船での活動も、

同時にご紹介いたしております。

非常に個人色の強いHPで恐縮ですが、

お手隙の折にでも、覗いてやって頂けましたら、

大変嬉しうございます。

ついでに掲示板に書き込みなぞして頂けましたら、

なおうれし、でございマス。


機械音痴なので、見づらい頁も多々あると思いますが、

頑張って成長していきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。




2003 秋

山岸諒子








次のページへ